30代技術士の成長記録

令和元年度技術士二次試験に合格した30代技術士(機械部門)の成長記録です

' ' ' '

技術士二次試験機械部門合格に有効な資格など

 今回は、私の過去の自己啓発の中から技術士二次試験(機械部門)合格に役立ったものを紹介します。

・日刊工業新聞社セミナー

・日刊工業新聞『機械設計』

・機械設計技術者試験1級

 

 特に機械設計技術者試験1級は論文の量こそ技術士二次試験に及ばないものの、問題の傾向は似ています。計算問題や設計工学などの知識も勉強を通して身につける事ができますので、お勧めです。ただし、漠然と論文対策をしても合格してしまう恐れがありますので、技術論文について学び、それをアウトプットするつもりで試験に臨む事が技術士二次試験につながります。

 

www.kogyokai.com

 

 月刊誌の機械設計は、その時の最新技術の動向や、設計工学知識の応用について技術士の論文を読む事ができます。私の場合、FMEA、CAE、トポロジー最適化などの実際などについて詳しく学びました。バックナンバーも日刊工業新聞のホームページから購入可能です。

pub.nikkan.co.jp

 日刊工業新聞社セミナーに関しては、機械設計で言うと構想設計力や品質向上、デジタルエンジニアリングに関する講座など多数そろっています。有名技術士の方の講座もありますので大変有意義です。キーワードに関して、実践的な内容が知りたいという要望には応えていただけるはずです。

 

 以上簡単に紹介してみましたが、まずは自分の現状を分析して課題を抽出し、解決策として自分に合うものを選んで頂ければと思います。